記事一覧

タイトなネイビーパンツにクリーンな白シャツを合わせて上品にコーディネート

アップロードファイル 13-1.jpg

タイトなネイビーパンツに、ストライプの織りが入った白シャツをタックインしたスタイリング。細身のスタイルにストライプ柄のシャツを取り入れることで、すっきりとしたシルエットを助長している。赤いフレームのサングラスが程よいアクセントになっており、洒脱な雰囲気に。

イエローニットでアクセントを加えた洒脱なネイビーパンツコーデ
アンクル丈のネイビーパンツに白シャツをタックインした抜け感が漂うコーディネート。ヴィヴィッドな黄色い袖のロングスリーブTシャツは肩に巻くことでこなれ感を演出するとともに、差し色としての役割も果たしている点に注目したい。

イエローニットでアクセントを加えた洒脱なネイビーパンツコーデ

PT01(ピーティーゼロウーノ) ノープリーツパンツPT01(ピーティーゼロウーノ) ノープリーツパンツ
詳細・購入はこちら

ネイビースラックスとタッセルローファーでデニムシャツコーデを上品に
デニムシャツに対して、センタープレスが入ったネイビースラックスをチョイスすることでカジュアルすぎない雰囲気にまとめたスタイリング。デニムシャツはボタンを多めに開けることでワイルドな印象をプラスしている。鮮やかな三色のブレスレットとサングラスのフレームが絶妙なアクセントになっている点にも注目したい。

タックアウトした白シャツにタイトなネイビーパンツが絶妙にフィットしたコーディネート。シンプルな着こなしだからこそ、アクセントに重ね付けしたブレスレットやアンクル丈パンツによる抜け感が光る。

ジレ×シャツのレイヤードにネイビースラックスを合わせてドレッシーにまとめたコーディネート
ネイビースラックスにグレーのベストを合わせた上品なコーディネート。足元にはスタンスミスのスニーカーをチョイスすることで程よくカジュアルダウンさせている。ロールアップした手首のアクセサリー使いも注目のポイントだ。

ネイビーイージーパンツを白シャツとジレの組み合わせで上品にコーディネート
ネイビーのイージーパンツを、白シャツとジレの組み合わせで上品にコーディネート。ベストはデニム生地のものをチョイスすることでワイルドな印象をプラスしている。

ライトグレーのジャケットとネイビーパンツでコントラストをきかせたジャケパンコーデ
ネイビーのストレートパンツにライトグレーのジャケットを羽織ったジャケパンスタイル。パンツとTシャツをネイビーで、シューズとジャケットをライトグレーでリンクさせており、カラーリングによってミニマルな印象を作り上げている。サングラスもネイビーのフレームをチョイスすることで、スタイリングの完成度を高めている点にも注目したい。

ライトグレーのジャケットとネイビーパンツでコントラストをきかせたジャケパンコーデ

18/36GO TO NEXTPAGE
オーバーサイズのTシャツとタイトなネイビーパンツでVラインコーデを作る
キャメルのビッグシルエットTシャツに、ネイビーパンツとスニーカーを合わせることでアクティブな印象に。パンツは強めにテーパードがきいたものをチョイスし、Tシャツとのシルエットバランスを絶妙に整えている。ベージュとネイビーのコントラストが効いた配色にも注目したい。

白シャツ×ネイビーパンツでクリーンなコーディネートを演出
ネイビーのストレートパンツに白シャツを合わせたクリーンなスタイリング。締まりのある印象を与えるのはシャツの袖のボタンをしっかりと留めているのがその理由だ。若干ルーズに見えるパンツをチョイスしてもまとまりのあるシルエットに仕上がっている。

ストライプシャツでシャープな印象に仕上げたネイビーパンツコーデ
クロップドパンツとストライプのネイビーをリンクさせて統一感をアップ。パンツとシャツだけでなく、ベルトとタッセルローファーをブラウンでリンクさせている点にも注目したい。ストライプシャツは、ストライプの線が細いものをチョイスすることで全体の印象がすっきりとした仕上がりになっている。

ネイビーのストレートパンツと鮮やかなレッドのスニーカーとのコントラストが目を引くコーディネート。ライトブルーシャツとネイビーパンツのグラデーションにスニーカーを差し色に使うことで絶妙なこなれ感を演出している。

シックな印象のネイビーパンツにミリタリージャケットを合わせたラギッドなコーディネート。シャツ×パンツスタイルにミリタリーアイテムを取り入れることで、こなれた着こなしを完成させている。

鮮やかなエスニック調の柄が目を引くジャケットをチョイスしたジャケパンスタイル。ストライプ柄のシャツとカラフルなスタッズがあしらわれたベルトで上半身を賑やかにスタイリングしたのに対して、ボトムはシックなネイビーのアイテムをチョイスして絶妙なバランスを保っている。アンクル丈のパンツによって抜け感を出している気配りにも注目だ。

全体をネイビーで統一し、足元の白スニーカーで絶妙な抜け感を演出しているジャケパンスタイル。テーラードジャケットは1Bタイプをチョイスすることで、ミニマルな着こなしの中にこなれた要素を取り入れている。

スニーカー以外をダークネイビーのアイテムでまとめたジャケパンスタイル。スニーカーにのみ明るい色を取り入れることで軽快な印象を生み出している。インナーにはシャツではなくポロシャツをチョイスしている点にも注目したい。

メンズドレススタイルのトレンドとして注目度を高めているコロニアルカラー。こちらのスタイリングではベージュとネイビーのストライプが配されたジャケットに、ネイビースラックスを合わせて旬な装いに。コロニアルカラーは土っぽい印象を与えてしまうこともあるのが悩みどころだが、白シャツと白スニーカーの取り入れや、アンクル丈に調整したスラックスでしっかりと抜け感やクリーンな印象をプラスしている点は参考にしたいポイントだ。ネイビーのストライプとネイビースラックスをリンクさせて着こなしの完成度を高めている点にも注目したい。

ジャケットの柄の色味をネイビーパンツと揃えてまとまりのある印象に仕上げたコーディネート
主張の強い柄アイテムを取り入れても全体がまとまった印象に仕上がっているのは、着こなしの色数を絞っているため。こちらのスタイリングではネイビーのストライプ柄が配されたテーラードジャケットにネイビーパンツをセット。インナーには白シャツ、足元には白スニーカーをチョイスするなど、全体をネイビーとホワイトの2色でまとめることで統一感のあるコーディネートに仕上がっている。

ネイビーパンツをロールアップして重厚感のあるダブルモンクシューズを軽快に履きこなしたスタイリング
ネイビーのバンドカラーシャツにネイビーパンツを合わせたトーンオントーンスタイル。足元には重厚感のあるダブルモンクシューズをセットしているが、重さを感じさせないようにシャツの袖とパンツの裾をロールアップし、襟を大きく開けることで抜け感を出している。ネイビーパンツをロールアップして重厚感のあるダブルモンクシューズを軽快に履きこなしたスタイリング

タックアウトしたバンドカラーの白シャツにネイビーパンツ、白スニーカーを合わせたラフな着こなし。白スニーカーはアディダスのスタンスミスで、ネイビーパンツと色を合わせるようにニューネイビーのモデルをチョイス。シュータンのロゴとヒールがネイビーパンツとリンクして着こなしを洗練させている。

「オフ-ホワイト」が19-20年秋冬メンズのランウエイで新作スニーカー“ODSY-1000”を披露 パリで17日から販売開始

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpgアップロードファイル 8-4.jpgアップロードファイル 8-5.jpg

パリ・ファッション・ウイークの2日目にあたる1月16日、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が手掛ける「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」は、“PUBLIC TELEVISION”と題した2019-20年秋冬メンズ・コレクションのランウエイで新作スニーカー“ODSY-1000”を披露した。

“ODSY-1000”は先日、ランウエイに先駆けてヴァージルが自身のインスタグラムで公開。これまでヴァージルが生み出してきたどのスニーカーとも似ても似つかぬシルエットから、ファンの間では話題となっていたスニーカーだ。

スエードやプラスチックなど、さまざまな素材を用いたカラフルなカラーリングのアッパーには、サイドから中心にかけてクロスアローロゴがうねるように伸び、ブランドを代表するアイテム“インダストリアルベルト(INDUSTRIAL BELT)”を模したプルストラップがヒールにあしらわれるなど、これまでよりも「オフ-ホワイト」らしさが色濃いデザインとなっているが、なんといっても特徴はソールだろう。スタッズのような突起が無数に付いたアウトソールと、アッパーを覆うほどの分厚いラバー製のミッドソールは、これまでのチャンキースニーカーとは一線を画す仕上がりになっている。

ランウエイでは“ODSY-1000”に加え、シンプルな見た目のローテクスニーカー“ヴァルカナイズド(VULCANIZED)”とミッドソールに“1.0”の文字がプリントされた“2.0”の新作、ラッパーのセオフィラス・ロンドン(Theophilus London)がデザインしたシグネチャーモデルのブーツ“ライフズ ワーク(LIFES WORK)”なども披露。“ODSY-1000”と“ヴァルカナイズド”と“2.0”の3モデルは、17日から29日までパリの五つ星ホテル「オテル・コスト(HotelCostes)」にオープンするフラワーショップがモチーフのポップアップショップ「FLORAL SHOP」で限定販売される。

なおランウエイには、ヒップホップトリオ、ミーゴス(Migos)のオフセット(Offset)と、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」2019年春夏メンズコレでも歩いたラッパーのプレイボーイ・カルティ(Playboi Carti)がモデルとして登場した。

ケープランド 日本上陸50周年記念モデル

アップロードファイル 6-1.jpg

これまでの、ケープランドシリーズにはないバーインデックスを透明感のあるホワイトダイヤルに取り入れ、
ブルースティール針により、エレガントさとスポーティさが融合し、オンオフ問わず使って頂けます。

ケースサイズも日本限定モデルならではの、日本人男性にジャストサイズの42mm。

裏蓋はシースルーバックにより、ムーブメントが鑑賞できる楽しみがあります。

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

商品名:ケープランド日本上陸50周年記念モデル
品番:MOA10437

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ