記事一覧

スキンケアブランドの「キールズ」が日本の森再生プロジェクト

アップロードファイル 15-1.jpgアップロードファイル 15-2.jpg

ニューヨーク発のスキンケアブランドパロディ「キールズ(KIEHL’S SINCE 1851)」は、よりよい未来の創造を目的とした“MADE BETTER”をミッションに掲げ、5つの“約束”のうちの“キールズ ギブズ”で、ショッピングバッグを持参した客につき10円を森林保全団体に寄付するプロジェクトを開始し、日本の森林再生に貢献する。

 “MADE BETTER”は“キールズ ギブズ”をはじめ、“天然由来成分の使用”“サステイナブルな資源の選定”“資源のリサイクル”“責任のあるパッケージ開発と生産“の5つの“約束”を定めている。これらの活動を広めるため8月31日〜9月1日に顧客向けイベント「MADE BETTER MARKET」を東京・原宿で開催する。

 今回のイベントでは“MADE BETTER”の5つの“約束”に対応した5つのブースを設け、「キールズ」の化粧水の成分に使われているカレンデュラの植栽や、成分をイメージしたドリンクの試飲などのコンテンツを用意する。

 またオリジナルトートバッグをはじめとした来場者特典も豊富にそろえる。各ブースで5つのスタンプを押したオリジナルトートバッグを店舗に持参した人には、季節に合わせたミニサンプルをプレゼント。アポセカリーブースでスキンケアカウンセリングを受けた人には、肌に合わせたスキンケア製品のサンプルを会場で配る。

 さらにイベントで展開する「わたし成分ラベル」と題したキャンペーンでは、いくつかの質問への回答で自分の名前や構成する要素、“地球への優しさ度”を明記したオリジナルラベルを作成。このラベルは化粧水製品「キールズ カレンデュラトナー」(250mL / 500mL)のボトルに貼ることができる。

ドーバーの店員から「ファンタビ」最新作出演へ 気鋭俳優カラム・ターナーがつかんだサクセスストーリー

アップロードファイル 12-1.jpgアップロードファイル 12-2.jpgアップロードファイル 12-3.jpg

「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズの生みの親、J・K・ローリング(J. K. Rowling)原作の映画「ファンタスティック・ビースト」シリーズの最新作、「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald以下、ファンタビ)」が11月23日に全国で公開された。ジョニー・デップ(Johnny Depp)やジュード・ロウ(Jude Law)、エズラ・ミラー(Ezra Miller)、ゾーイ・クラヴィッツ(Zoe Kravitz)、そして主人公のニュート・スキャマンダー(Newt Scamander)を演じるエディ・レッドメイン(Eddie Redmayne)ら著名な俳優が出演する中、主人公の兄テセウス・スキャマンダー(Theseus Scamander)役に抜擢されたのが、カラム・ターナー(Callum Turner)だ。

ターナーは、過去にも「さよなら、僕のマンハッタン(The Only Living Boy in New York)」や「浮草たち(Tramps)」といった映画にも出演してきたが、大ヒットシリーズに出演するのは今回が初めてだ。いわゆる“インディーズ”俳優から一気に注目されることになったターナーに、これまでと今の心境、そしてこれからを聞いた。

インタビュー場所のニューヨーク・ミッドタウンのホテル「ザ ロンドン NYC(THE LONDON NYC)」にやってきたターナーは、カジュアルなネイビーのシャツにジョガーパンツ、「アディダス(ADIDAS)」のスニーカーというリラックスした格好で現れた。ロンドンのチェルシーで生まれ育ったターナーは、映画好きな少年だったが、俳優になることは20歳になるまで考えたことがなかったという。16歳で高校を卒業し、サッカーに1年間没頭した。その後「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」のモデルを務め、ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)でセールススタッフとして働くことになった。

「僕は本当にどうしようもなかったよ。2年半働いた後、結局クビになってしまった。遅刻してばかりだったから、その罰としてね」と店員時代を振り返る。だがクビになってすぐに、ターナーは初めてプロとして映画の役をつかんだ。その映画の撮影場所はロンドンから遠く離れたニュージーランドのクック諸島だったが、「とりあえず何が起きるか見てみようという感じだった」という。

しかし“とりあえず”で始めた俳優業は、ターナーが学校を卒業して以来、求めていたものだった。「7歳か8歳のころ学校に行かなくてもいいことに気づいたんだ。学校はなんというか、僕には合わないし閉じ込められてると思ってて、とにかく逃げ出したかった。だから学校にいなきゃいけないことに不満を感じてた。学校の社会的な面は好きだけど、僕が勉強したことのほとんどは自分で学んだことだった。だからこそ、閉じ込められてると感じない俳優業は僕にぴったりだったんだと思う」と語る。

共演者たちと同じく、自身のキャリアもブレイクすること間違いなしの大ヒットシリーズへの出演の切符をつかんだターナーだが、「結局のところ、僕は自分の仕事をするだけ。楽しんで演じて、プレッシャーは振り払えばいい。だから小規模のインディペンデントな映画に出演している気持ちで演じた。本当に素晴らしい人たちと一緒に仕事をしていると、それに慣れてきてしまう。でも、その慣れは取り除かなきゃいけない。『さよなら、僕のマンハッタン』ではジェフ・ブリッジス(Jeff Bridges)と共演したんだけど、初日はめちゃくちゃ緊張してたよ。だから2日目のリハーサルには、その緊張を全て消して挑んだ」と心構えを語った。

しかしインディーズ映画の俳優気分でいられたのは、世界中からファンがつめかけたニューヨークの映画プレミアで、魔法生物のタトゥーを入れたファンたちを目の当たりにするまでだったようだ。「(これまでとは)違ったよ。僕はこんな高い関心を持たれるレベルにまで行ったことがなかった。けど映画に夢中になっている人たちと話すことができてよかった」とターナー。「ファンタビ」の公開関連の仕事を終えた後はロンドンに戻り、BBCのTVシリーズ「The Capture」の撮影に入るという。

ロンドンに戻る前にニューヨークでやりたいことを聞くと、「ボクシングジムに行くつもりだけど、めちゃくちゃ不安だよ」とターナー。というのも、ネットフリックス(NETFLIX)のドラマ「ザ・クラウン(The Crown)」に出演した女優、ヴァネッサ・カービー(Vanessa Kirby)と交際中のターナーは以前、彼女にどこへ行くか知らされずにサイクリングジムに連れてかれて「死にそうだった。その日映画の撮影もあって、月曜日には動けなかった」からだという。しかし、「今回はそうはならないけどね」とターナーは笑う。

キャンペーン動画に出演できるチャンス!

アップロードファイル 10-1.jpg

今シーズン、原宿ガール&ボーイがこぞって着ているWEGOのTシャツコレクション。数々のitピープルが着こなすTシャツスタイルを一気見できるキャンペーン動画は、店頭でもウェブサイトでも話題沸騰中。今回、WEGO×NYLON JAPANのコラボレーションにより、そんな注目ムービーに出演できる夢の企画が実現決定!

ゲットした「WEGO T」をセルフスタイリングした写真をwego@nylon.jpへ投稿すると、編集部がランダムに選んだ6名程度のコーデがWEGOのキャンペーン動画をモチーフにした15秒動画に変身。もちろん、完成したスペシャルムービーは出演者全員にプレゼント♪ 応募してくれた人はもれなく今回のキャンペーンに参加できるので、面白ポーズや自慢のコーデ写真を奮って応募してね☆

WEGO Tシャツのセルフコーデ写真をスマートフォンまたはデジカメで撮影。メンズのスナップ写真も大歓迎!!

ATTENTION!
■ 必ず白壁の前で撮影をして下さい。
■ 下の写真のように手や顔、Tシャツが見切れている写真は使用できませんので、予めご了承下さい。
【NG SHOOT】


■ 応募者のオリジナル写真のみを対象としていますので、雑誌やカタログ、またはインターネットから転用された画像は無効とさせて頂きます。

上段:デジタルTシャツ ¥1,590(税抜)
下段:オフショルフレアスリーブTシャツ ¥1,990 (税抜)

編集部がピックアップした6名程度分の写真を使って#WEGOTEE×ナイロニスタの15秒動画をクリエイト。応募者はもれなく、このキャンペーンに参加できるよ♪ GIRLS&BOYSのコーデ写真がMIXされたムービーは、出演者全員にプレゼントするので、このスペシャル企画でしか手に入らないスペシャル動画に「#WEGOTEE」を付けてSNSで自慢しちゃおう☆

動画1本につき出演する方々の選定は、編集部側にてランダムに行います。
※レギュレーションと異なる写真は使用不可能な場合がございます。
その際、連絡をせずに使用しませんので、予めご了承下さい。
※お送りいただいた写真を全て使用しない場合がございます。予めご了承下さい。

ご応募いただいた方の個人情報は、この企画の遂行のために使用し、その他の目的では利用いたしません。個人情報の管理については、カエルムが責任を負い、これを厳重に保管・管理いたします。

スタートトゥデイ21年目の大改革、子会社2トップが語る「ゾゾ」の第2ステージ

アップロードファイル 9-1.jpg

ファッションECモールを運営するスタートトゥデイが1日、子会社のスタートトゥデイ工務店(東京都渋谷区、久保田竜弥・社長)とVASILY(東京都渋谷区、金山裕樹・社長)、カラクル(福岡市中央区、大久保貴之・社長)の3社を統合し、スタートトゥデイテクノロジーズ(以下、STテクノロジーズ)を発足させた。社長には久保田竜弥スタートトゥデイ工務店社長が就任し、 金山裕樹VASILY社長がファッションメディア運営や新規事業担当として、チーフ・イノベーション・オフィサー(CIO)に就任する。同社が目指す事業について久保田竜弥・社長と金山裕樹CIOの2トップを取材した。
まず、新会社設立の意図を教えてください。
金山裕樹スタートトゥデイテクノロジーズCIO(以下、金山):集約した3社はみな似た特徴を持っていて、ほとんどがエンジニアからなる会社でした。今後エンジニアリングで価値を作っていくと考えた時に、力を集約した方がいいのは当然です。集約することで人材や技術の交流もできますし、反対に3社がそれぞれ同じようなプロダクトを作っていては非効率的ですから。
新会社にはどれくらいの社員がいるのでしょうか。
現在200人程度です。勤務地は青山と幕張、そして福岡にも10人程度の人材がいます。2018年4月入社の新卒社員も6人いて、今後も新卒採用には注力していきたいと思っています。
スタートトゥデイという会社との関係は?
久保田竜弥・社長(以下、久保田):スタートトゥデイに残っているのはマーケティング部門とカスタマー部門、フルフィルメント、管理、広報などで、それ以外の開発部分を全てSTテクノロジーズに集約したイメージです。
これまでも傘下の3社で共同事業に取り組みことはよくありましたが、それだったら一緒になった方がいいと。実務面で何かが大きく変わったわけではないのですが、例えばアクセスできるデータだったり、そうした観点ではスムーズになりましたね。
あらためて、これまでの2人の業務内容を教えてください。
僕は9年前にファッションアプリの「アイコン(iQON)」を作るためにVASILYを創業しました。アプリ運営をする中でデータの取り扱いやアルゴリズムの提供をやってきて、まさにここに未来があると感じ、14年頃から投資をはじめました。17年にスタートトゥデイ傘下に入りましたが、今は大量のデータを規則化することで人間の意思決定を代わりに機械ができるようにしたいと思っています。
具体的にはどういうことでしょうか。
例えば「白いTシャツ」にしても「カットソー ホワイト」とか「Tシャツ 白」とか、会社によってカテゴライズ方法が違っていて、人間の目で見れば一緒なんですが、それを機械が仕分けするのは大変だったんです。そこに目を与えてあげるというか。これを応用すれば、デニムが欲しい時に「ゾゾタウン」の大量のデニムから一瞬にして目当てのデニムを探し出すというようなことも可能になります。もちろん選ぶことに価値を置く人もいるので、人の意思決定は絶対になくなりませんが、機械による意思決定も100%できるようになります。選ぶのが面倒だと考える人はお金を払って、選ぶ苦痛を感じてまで、似合っているのかどうか不安なまま着ている人もいるんですよね。「お任せ定期便」もこれを解決する1つだと思っています。
久保田社長はもともと「ウェア(WEAR)」を統括していましたよね。
僕は08年6月にスタートトゥデイに入社しました。入ったのがマザーズ上場直後だったんですが、まだシステム部には10人くらいしか人がおらず、2〜3年は物流の管理画面やフロントの改修をしていました。一方で「ゾゾピープル」(ブログのようなもので、すでにサービス終了)やショップ情報をまとめる「ゾゾナビ」の改修など、「ゾゾタウン」以外のメディアサービスを中心に担当してきました。そのうちに社内にあるデータの全容がわかるようになり、こんなにデータがあるならつなげる必要があるんじゃないかと考え始めました。そんなタイミングで前澤が突然やってきて、「ファッションデータベースを作りたいんだよね」と言われたんですね。今から5〜6年前ですが、今まさに実現しようとしている構想で、聞いた瞬間腰が砕ける程の衝撃を受けて(笑)。ぼくはファッションで一番重要なものってアイテムを選んだ後の最終的な“コーディネート”だと思っていて、着こなしでお洒落かどうかが決まると。だからこそ「着こなしのデータを集めなければいけない」と思い立ち、「ウェア」を始めました。ようやく着こなしデータも1000万枚近く集まったので、今こそこれを生かすタイミングなんだと思っています。
前澤社長には当時からデータ構想があったんですね。
前澤は「世界中で売られているアイテムのマスターデータは1個であるべきで、欲しい商品にひもづく情報は簡単に網羅して見られるべきだ」と考えています。アパレルって統一規格がないので、そんなものを作れるのはわれわれしかいないと。実際ローンチ時にウェアリスタ(公認ユーザー)や著名人の助けもあったためにファッションメディア要素が強くなってしまいましたが、それだけではなく、当初の想定では「ウェア」は一般ユーザーが材料を選べば調理方法がわかるというような、ファッション版「クックパッド」だったんです。そしてその先にあるのはカーナビのようなツールで、目的地を伝えれば顔や天気、体型などに合わせて最適な着こなしを提案してくれるようなイメージです。そのためには技術的なサポートが必要で、それを金山がやって、僕が実用化をする、という流れですね。
では、新会社での2人の役割を詳しく教えてもらえますか。
僕の肩書きがCIOであるように、イノベーションが担当です。既存事業自体は成長していますが、その一方で新しいことを始めるのは簡単ではありません。「ゾゾタウン」以外の売り上げを作ること、次の「ゾゾタウン」を作ることが僕の仕事ですね。僕には今の「ゾゾタウン」の運用はできませんから(笑)。既存事業については社長の久保田が誰よりも詳しいですからね。
僕としてはもちろん既存事業の拡大もあるし、それをより早く達成するための組織作りや運営をしなければいけません。社内の要望も聞きながら新しい技術は金山に依頼をして、それらを「ゾゾタウン」に実装していく。僕は究極の“根回しおじさん”です(笑)。
研究分野という点では、「スタートトゥデイ研究所」は金山CIOの管轄ですか?
僕はあくまで所長ではなくて、GM(ゼネラルマネジャー)というような立ち位置です。研究所には現在15人の所員がいますが、所長は研究者がやるべきだと思っていて。ただ研究するのではなく、学会での発表などもやっていきたいです。
こうして話を聞くと、20周年を経て第2ステージへの大改革が始まったという印象を受けます。
全く同感ですね。前澤自身も「第2創業期だ」と言っています。
話題となった求人ページ。スタートトゥデイテクノロジーズの公式サイトから
会社設立にあわせて、「天才募集」という人材募集がSNSやメディアで話題になりましたね。
あれは現場から上がってきたアイデアだったんです。
新会社の発足にあたって、普通にしてもつまらないプレスリリースになってしまうし、何かキャッチーなものだったらバズるということを経験的に知っていたので。そしたら現場から「『7人の天才募集』ってどうですか」というメッセージがslackで飛んでたんです。それで、「もう1つ、『50人の〇〇』をどうしよう」みたいなやりとりをしていました。「『50人の変態』か!?」とか(笑)。そうしてデザインまで現場が考えて、前澤に見せたら何の直しもなく戻ってきて。たしか発表が月曜日で、ギリギリまで悩んで金曜日に出てきたアイデアだったんです。
前澤さんから修正が入らないのは珍しいんですか?
めちゃくちゃ珍しいですね。現場としては、前澤が考えそうなことを自分たちがやれたんだということで、バズった後、泣いて喜んでました(笑)。
実際の募集状況はいかがですか。
もちろん反響もいいですし、採用したいと考えていたような方が応募してくれたのが何よりうれしいです。これまであまりテクノロジー分野の人材がいなかったので、ようやくテクノロジー会社だと認知され始めたんだなと。もちろん、募集自体はバズらせるために考えたんじゃなくて、1億円払ってでも天才が真に欲しいわけですよ。
発表前後では前澤社長はツイッターで公開質問をしたり、2人も巻き込んでツイッター上でアイデアを集めるような動きもあって、すごく今っぽいと感じます。
大変ですけどね(笑)。でも楽しいし、SNSというこれだけ浸透している道具を社長が使いこなしているというのがしかるべき姿なんじゃないかと。
本当ですね。では、最後に、今後の意気込みを聞かせてください。
スタートトゥデイがテクノロジーに対して本気だということは伝えたいですね。未来に向けて準備をしている中で、社長を含めて派手な部分も多いですが、ベースには淡々と積み上げる努力があって。継続して、浮かれずにやっていきたいと思います。
“70億人のファッションを技術の力で変えていく”というミッションを掲げている以上、ファッションの川上から川下までサポートしていきたいと思います。今はメディアやEC事業にとどまっていますが、IoTやリアル店舗での買い方改革、工場から綿の栽培まで、テクノロジーが入る隙間があるところ全てが事業対象なので、いろんなことを早く実現できるように愚直にやっていきたいですね。そのためにも“天才募集中”です(笑)。

ポップなデザインで話題のHappy Socksが新宿に登場

アップロードファイル 7-1.jpg

スウェーデン発レッグウェアブランドHappy Socks(ハッピーソックス)が、新宿の人気ショッピングスポット、ルミネエスト新宿にNEWショップをオープン!

デビュー5周年を迎えたHappy Socksはその名の通り、履いた人をハッピーにしてくれるポップなデザインが目印。ルミネエスト新宿の地下2階に登場したショップには、レディースからメンズ、キッズラインまでカラフルなソックスが壁一面ぎっしり。秋の定番アーガイル柄はもちろん、ドット柄やペイズリー柄など、どれを買おうか悩んじゃうほどバリエーション豊富♪ 

オープンを記念して、NYLONブロガー5人が1日店長としてスペシャル参戦!  Miyu、Eno、Mio、Mai、Kikunoそれぞれがショップ体験をブログで紹介しているので、彼女達のオススメアイテムをチェックしてショッピングの参考にしてみて。夏から秋へシフトするこの時期、コーディネイトのスパイスになってくれるソックス探しはHappy Socksに決まり!

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ